Hello WorldのOpenCV版みたいなのです。

main.cpp

#include <cstdio>
#include "opencv/cv.h"
#include "opencv/highgui.h"

using namespace cv;

int main(int argc, const char *argv[])
{
    if ( argc <= 1 ) {
        return 0;
    }

    printf( "argc = %sn", argv[1] );
    IplImage *pSrcImage = cvLoadImage( argv[1] );
    if ( pSrcImage == NULL ) {
        return 1;
    }

    cvNamedWindow( "src" );
    cvShowImage( "src", pSrcImage );
    cvWaitKey( 0 );

    cvReleaseImage( &pSrcImage );
    cvDestroyWindow( "src" );

    return 0;
}

Makefile

CC		= g++
OBJS	= main.o

a.out : $(OBJS)
	$(CC) -o $@ $(OBJS) -L/usr/local/lib -lopencv_core -lopencv_highgui

.cpp.o :
	$(CC) -c -Wall $< -I/usr/local/include

$ make
g++ -o a.out main.o -L/usr/local/lib -lopencv_core -lopencv_highgui
$ ./a.out sample.jpg
argc = sample.jpg

Homebrewでopencvを入れてるとして、
“main.cpp”と”Makefile”を同じフォルダに入れて、
その中でmakeを実行すると、”a.out”が生成される予定です。

画像ファイルのパスを引数に実行すると、それが表示されて、
適当なキーを押すと、ウィンドウが閉じてアプリケーションが終了します。

Homebrewでopencvをインストールするときに、
gccのインストールで小一時間くらい掛かるけど、
覚悟の上でインストールしてください。

おしまい。