ServerMan@VPSを借りて、WPなどを導入したものの、個人的にやっているとはいえ、公開しているServerを直でいじくるのは嫌だったので、VMwareでゲストOSに開発環境を整えようとしたときに軽くはまったのでメモしておく。

実は既にVMwareにCentOSはインストールしてあった。ので、記憶の片隅では、ホストからゲストにSSHで接続して遊んでいたというのがあったので、何も考えずにTeraTermで接続してみたところダメだった。

とりあえず、ゲスト側で、ifconfigしたところ、IPアドレスは192.168.1.30、デフォルトGWが192.168.1.0だった。・・・・これたぶんデフォルトGWおかしいやーん!と思ったので、いちお確認したら、やっぱりおかしかった。

つうので、ゲストOSのデフォルトGWを変更

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
-------------------------------------------------------
# Advanced Micro Devices [AMD] 79c970 [PCnet32 LANCE]
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
#BROADCAST=192.168.1.255 ←コメントアウト
HWADDR=00:0C:29:CB:0A:99
IPADDR=192.168.0.30 ← RT側でLAN側の設定が192.168.0.0/255.255.255.0だったので変更
NETMASK=255.255.255.0
#NETWORK=192.168.1.0 ←コメントアウト
ONBOOT=yes

これでOK。