みなさんお元気ですか。
僕はなんとか生きています。

今日は、久々の Ethna のお話です。
僕が Ethna を触り始めたのは 2004 年末、まだ高校2年生の頃でした。

そして 2007 年ころから rhaco を触り始めたので、それ以来の Ethna です。
つまり、4 年振り 2 回目。

話は変わりまして、この間、 Crocos で開発合宿に行って来ました。
軽井沢に 2 泊 3 日で。軽井沢で所持金 31 円とかたぶん僕だけだったんじゃないかなって思います。

せっかく開発合宿なんで、ちょっと楽しいサービスを妄想しつつ。
Crocos のサービスは基本的にすべて Symfony2 で作られていて、Symfony2 はよくできたフレームワークだなー。とは思ってるんですが、やっぱり開発スピードあがんないよねー。とか、ウェブサービスには向いてないよねー。とかの不満はあるわけです。まあ、お前の頭が悪いからといわれればきっとその通りなんでしょうけどね。
軽井沢まできて Symfony2 も触りたくないし、そうなるともう PHP 界には Ethna しか無いわけですよね。

というわけで、Ethna を使って開発を始めたんですけど、やっぱりテンプレートは Twig 使いたいよねとか、Ethna_UrlHandler とかまじ難しくない?とか、思ってきちゃうんですよね。いやほんと、UrlHandler は謎すぎて未だにわかりません。

ついカッとなった僕は、Ethna_Renderer_Twig と Ethna_UrlHandler_Simple を作りました。
そしてつい先程、Ethna の develop ブランチEthna_UrlHandler_Simple が取り込まれましたことをご報告致します。

Twig のほうはちょっとまだフォームヘルパとか半分くらいしか作れてないんで、もう少しかかるかなって感じですが、使ってみたい人は github においてあるので、お試しください。もちろん、残りのフォームヘルパ作ってくれたりしてもいいですよ!ね!!

使い方とか書こうと思ったけどめんどうだからやめます。
簡単に言うと、APPID_UrlHandler で Ethna_UrlHandler_Simple を継承するようにして、action_map の定義をこのへんを参考にして書けば OK です。



おやすみなさい。