あんまし気乗りしないんだけどね、苦手分野だから。
でも、弱点を克服できるなら悪くないかなーってことでやってみます。

クライアントサイド(client.pl)

use v5.14;
use strict;
use warnings;

use IO::Socket;

use constant PORT_COOL => 40000;
use constant PORT_HOT  => 50000;

my $c1 = IO::Socket::INET->new(
    PeerAddr => 'localhost',
    PeerPort => PORT_COOL,
    Proto    => 'tcp'
) or die $!;

my $c2 = IO::Socket::INET->new(
    PeerAddr => 'localhost',
    PeerPort => PORT_HOT,
    Proto    => 'tcp'
) or die $!;

$c1->print( "hello\n" );
say $c1->getline();

$c2->print( "hello\n" );
say $c2->getline();

$c1->close;
$c2->close;

サーバーサイド(server.pl)

use v5.14;
use strict;
use warnings;

use IO::Socket;

use constant PORT_COOL => 40000;
use constant PORT_HOT  => 50000;

my $srv_cool = IO::Socket::INET->new(
    LocalAddr => "localhost",
    LocalPort => PORT_COOL,
    Proto     => "tcp",
    Listen    => 1,
    ReuseAddr => 1,
    Blocking  => 0
) or die $!;

my $srv_hot = IO::Socket::INET->new(
    LocalAddr => "localhost",
    LocalPort => PORT_HOT,
    Proto     => "tcp",
    Listen    => 1,
    ReuseAddr => 1,
    Blocking  => 0
) or die $!;

$srv_cool->listen or die $!;
$srv_hot->listen or die $!;

# エントリー待ち
my ( $cl_cool, $cl_hot );
while ( not ($cl_cool && $cl_hot) ) {
    if ( not $cl_cool ) {
        $cl_cool = $srv_cool->accept();
        if ( $cl_cool ) {
            say 'accept COOL!';
            next;
        }
    }

    if ( not $cl_hot ) {
        $cl_hot = $srv_hot->accept();
        if ( $cl_hot ) {
            say 'accept HOT!';
            next;
        }
    }

    sleep( 1 );
    say 'zzz...';
}

foreach my $c ( $cl_cool, $cl_hot ) {
    while ( 1 ) {
        my $q = $c->getline();
        next if not $q;

        say $q;
        $c->print( "hello\n" );
        last;
    }
    $c->close();
}

$srv_cool->close();
$srv_hot->close();

実行するには、ターミナルを2つ立ち上げて、
サーバーサイドから実行する。

ターミナル(1)
$ perl server.pl
zzz...
zzz...
zzz...
zzz...
accept COOL!
accept HOT!
hello
(改行)
hello
(改行)

ターミナル(2)
$ perl client.pl
hello
(改行)
hello
(改行)

なんで、”COOL”と”HOT”なのかは、
ここにある「ルールブック(確定版).pdf」を読んで頂ければと思う。

CHaser2013 – 全国情報技術教育研究会
http://www.zenjouken.com/?page_id=517

想定する要件はこんな感じ。

2つのクライアントからサーバーに接続すると対戦が始まって、
2つのクライアントに交互にターンが回ってくるというもの。

とりあえず、ポート番号さえ異なれば、
こんな感じで接続を維持できることが分かったので、
次はクライアントサイドに専念しようと思う。

おしまい。