8/20に開催された「第16回 北海道の楽しい100人」に登壇しました。
かなり以前からほんわりとお話はいただいていたのですが、4月ぐらいにオファーをいただき登壇させていただきました。

僕は他の登壇者の方とは違って、なにかすごい会社を経営しているわけでもなければ、社会の役に立つ活動をしているわけでもないし、スペースオペラの主役になれないし、危機一髪も救えない普通のサラリーマンです。
IT系のコミュニティ活動は長く続けてるのでその話はできるかなと思ってましたが、一般社団法人LOCAL関連の話は代表がすでに話をしていました…

というわけで、かなり悩んだのですが、開き直るしかねぇだろうということで、「僕達の自由、これからの自由」というタイトルで15分間話をさせていただきました。
概要としては、スノーデン関連から入って、プライバシーが大企業に侵害されている話や、目の前のコンピュータをもう一度取り戻そう、そして、そのための手段として「自由なソフトウェア」という選択肢があるよ、という話をしました。
当日の配信アーカイヴがあるようなので、スライド自体の公開はしません。
そもそも、僕のこの手のセッションはスライドだけ見ても意味不明なので…
スライド自体はかなり会心の出来なので、どこかで30分ぐらいの枠で話をできたらいいかなぁ と思ってます。