2010/11/14 に娘が生誕一周年を迎えました。

一升餅を背負わせて、写真をとったり、ケーキ食べたり、プレゼント渡したり。

とりあえず、イベントごとをすべて終えて、いまブログを書いています。

娘は産声あげるのに10分以上も時間が掛り、2500グラム強という少ない体重で生まれましたが、いまは元気一杯、笑顔で遊びまわっています。特に大きな怪我、病気もなくここまで育ってくれて、とても感謝しています。

「目に入れても痛くないほど可愛い」なんて言葉がありますが、本当にそのぐらい可愛らしく、愛おしく感じています。

そして、僕の両親にとっては初孫で、じいちゃん(僕の父親)は北見 ~ 札幌間を何回も車で往復しています。実家に帰るときは「軽自動車で帰ってくるなんて危ないから、俺が迎えに行く!」なんて始末ですw

娘が1歳ということは、僕のパパ暦も1年です。

相変わらずのダメパパで妻を困らせたりしていますが、なんとかやれているんではないでしょうか。

まだ娘は歩くことが出来ないので、これから歩いたり、走ったり、お話したり、恋したり、失恋したり、スポーツしたり、病気したり・・・いろいろ、娘の前には楽しいことや、辛いことがあるのでしょうけど、それぞれを糧にし、成長していってくれればと思っています。

僕も娘と一緒に、親として成長していけれと思います。